「掘ったイモいじるな」は本当に通じるのか?

「掘ったイモいじるな」は本当に通じるのか?

ネイティブスピーカーに「掘ったイモいじるな!」と言ってみて、What time is it now? のことだと分かり、時間を教えてくれる人はどのくらいいるでしょうか?

全員が全員分かるわけではないようですが、かなりの確率で通じるようです。

この文章を単語ごとに区切って「ホワット タイム イズ イット ナウ」とカタカナで読んで言っても英語にはなりません。英語にはカタカナで表記できない音があるのです。whatのtは無声音と言い、「ト(=to)」から「オ(=o)」の音を取り去っています。なので次のtimeとくっついて、ホワッタイと聞こえます。

会話イラスト

timeのmeも「ム(=mu)」ではなくて「ウ(=u)」が無い無声音なので、次のisとくっついてmis「ミズ」のように聞こえます。結局は仮にカタカナで書いたとしても「ホワッタイミジッルナ」のように聞こえて、それが日本語になって「掘ったイモいじるな」と聞こえたのです。カタカナで区切って発音するより、よっぽど「掘ったイモいじるな!」と勢いよく発音した方が通じる確率は高くなるでしょう。

外国人だと思って「掘ったイモいじるな」と言ったら「イジッテナイヨ!」と怒られたというネタもあります。

他の勘違い英語

外国人

他にも、I get off→「揚げ豆腐」、sit down→「セダン」、Don't touch my mustache→「どういたしまして」、What do you mean?→「はっ?どういう意味?」、などの面白い例があります。

日本人が英語を学ぶ時、単語の切れ目が音の切れ目であると思ってしまいます。しかし上の例からも分かるように、Wha-ti-mi-sit-now? と区切って発音する方がはるかに通じやすいのです。英語は、単語の切れ目に関係なく、主に「母音(あ・い・う・え・お)」と「子音」をくっつけて一つの単位とし、その母音にアクセントを置いてリズムを作っています。例えば、dressという単語は、カタカナで書くと「ドレス」ですが、英語の発音にすると唯一母音がある「レ」の位置にアクセントがあります。日本語だと「ド」の位置にアクセントがおかれます。

このように日本語と英語は全く違う言語なので、ネイティブに通じる英語を話すには、日本語と英語の音声学的な違いを認識しなければなりません。これを知った上で英会話の学習に取り組むと上達も早くなると思います。

 

こんな書籍もおすすめです

日本人が間違える英語の表紙

英語の問題集やテキストばかりでなく、こういった本も勉強になるのでおすすめです。

以下アマゾンより引用

See you again.は、永遠の別れのときだけに使う? 「ドンマイ」「ハイテンション」「ファイト! 」は全然通じない? 教科書に載っていても実は通じない英語、何気なく使っている和製英語など、 日本人が身につけている英語には勘違いがたくさん! 長年日本人の英語に接してきた著者だからこそわかる、 日本人が間違えやすいポイントと、その正しい言い方を伝授。 これを読めば、しっかり伝わる英語表現が身につきます!

日本人の9割が間違える英語表現はアマゾンで

日本人にとって英会話が難しい理由

日本人

中高で英語を学習したけど、全然英語が身についていないと思う方は多いでしょう。しかし、数か月の学習しかしていないのに、英語である程度のコミュニケーションを取れるようになっている人もいますよね?

この違いはどこにあるのでしょうか? まず、なぜ日本人が英語を苦手とするのか、その理由について考えていきましょう。

経験が少ない

英語コミュニケーション

日本人は英語に慣れ親しむという経験が圧倒的に少ない事がその理由の一つです。

英語をしゃべる環境も周りにはほとんどないでしょうし、英語のスピーキングも中高の授業ではほとんど行いません。 そうなると、スピーキングの学習法を分からないままになっている人が多いのが現実です。

高校時代などは「apple」を「アップル」でなく「アッポー」と読んだあかつきには次の日からあだ名が「アッポー」となるような環境で勉強してきた我々です。良い勉強環境だったとは思えません。

英語が公用語になっている職場だとか、身近に外国人がいて頻繁に英語を話す機会がある、といった人 はそんなに多くはないでしょう。実際に聞いて話す、という経験が大切なのに、これではなかなか英語の力はつきません。

そして多くの日本人はいざ実際の会話となると完璧に答えようとして一言も話せない場合が多いのです。受験英語ではないのですから、文法が正しくない単語の羅列でも伝わる事はあります。それにネイティブは私たちに完璧な英語を求めていません。

日本語がカタコトの外国の方が日本語で話しかけてきた時、私たちも何とかわかろうと、単語の端々を気を付けて聞きますよね?逆の時も一緒なので思い切って何か言う事が大事なのです。

カタカナ英語

日本

日本人がにカタカナ英語、ローマ字を発明した事が日本人が英語が苦手な原因とも言われています。例えばローマ字表記がないころジョン万次郎が書いた「英米対話捷径」には、朝=モーネン、子供=チリレン、娘=ダータ、と表記があります。

日本語の50音に当てはめたローマ字が出来たあとは、朝=モーニング、子供=チルドレン、娘=ドーター、となりました。実際の英語の発音は「モーニング」より「モーネン」に近い発音になりますし、チリレン、ダータも英語の発音に近いと言えます。50音を元にして強引に日本語に直した英語は発音に関しては、本当の発音とかけ離れてしまったんです。

江戸時代に医療宣教師として来日していたジェームス・カーティス・ヘボンが作った「ヘボン式ローマ字」が現在のローマ字の原型と言われています。奇しくもこの「ヘボン」は日本でも人気のあった大女優オードリー・ヘップバーンの「Hepburn:ヘップバーン」と同じ苗字です。国が違うから読み方が違う訳でなく、ヘボンが開発したローマ字表記のため日本人はヘップバーンという表記、読みにしたのです。しかし実際の英語の発音は「ヘップバーン」より「ヘボン」近い発音です。これが日本人が英会話を苦手としてる大きな要因の一つと言えます。

トレーニングを積むしかない

中高で習う読解と文法中心の英語と、実際に話す英語は若干違います。 特に、高校英語では英語を正しく読んで意味を理解できるようになり、 文法的に正しく書けるようになる事が目的になっていて日常会話より難しい事を勉強したりしてるのですが。

一方スピーキングはほとんど行われていません。 なので、個人的に英語を学習して話せるようになるためには、このようなトレーニングをする必要があります。

  • 1.話し、聞く練習をしっかりする。
  • 2.日本語を介さず、英語のままで理解する
  • 3.実際の使っている場面を想定する
  • 4.繰り返し練習する

といったことが大切になります。

 

こんな書籍もおすすめです

日本人が間違える英語の表紙

英語の問題集やテキストばかりでなく、こういった本も勉強になるのでおすすめです。

以下アマゾンより引用

See you again.は、永遠の別れのときだけに使う? 「ドンマイ」「ハイテンション」「ファイト! 」は全然通じない? 教科書に載っていても実は通じない英語、何気なく使っている和製英語など、 日本人が身につけている英語には勘違いがたくさん! 長年日本人の英語に接してきた著者だからこそわかる、 日本人が間違えやすいポイントと、その正しい言い方を伝授。 これを読めば、しっかり伝わる英語表現が身につきます!

日本人の9割が間違える英語表現はアマゾンで