英語辞書比較

英和辞書比較

英語辞書比較

特に有名な英和辞書ジーニアス、ウィズダム、ライトハウスについて、それぞれの特徴を紹介していきます。3つの特徴を把握し、自分にあった辞書を選びましょう。

ジーニアス

ジーニアス

まず、ジーニアス英和辞典は大修館書店から出版されている辞書で、他の辞書と比べて文法、語法、用法の説明が充実しているというのがいちばん大きな特徴です。中高で学習する基本語句の用法に関しては特に多くのページを割いています。「高校2年生を中心に、中学生高校生から社会人まで」使えるように編集されており、非常に幅広い層に支持されています。学校での指定英和辞典として採用している学校も多い。

アマゾンではジーニアスが最も売れています。

ジーニアスはアマゾンで

ライトハウス

ライトハウス

ライトハウス英和辞典は研究社から出版されており中学高校レベルの基本語の習得に特に向いています。また、現代社会に欠かせないIT用語なども豊富に含み、詳しい語法解説も分かりやすく書かれており、間違えやすい点にも配慮し、受験対策にも役立つ動詞変化や言い換え表示などもついています。英語発音の基礎を解説したCDもついていて初心者の人にも使いやすい構成になっています。また、重要度に合わせて見やすくレイアウトされています。非常に見やすく、使いやすい辞書となっています。

ライトハウスはアマゾンで

ウィズダム

ウィズダム

ウィズダム英和辞典は日本人の英語学習のための独自のコーパスを活用した英和辞典で、三省堂から出版されています。 語義、語法解説などはすべて英語の実例分析と生きた情報をもとに分かりやすく書かれています。そのため、単語や文章の意味が的確に理解できるようになっています。学んだ英語をそのまま実務に使用することが可能でしょう。ジーニアスとウィズダムのどちらを買うかで迷う方も多いようですが、ウィズダムの方が新しく、ジーニアスにはない項目もかなり載せているので、こちらの方がオススメです。また、ウェブで利用できるというメリットもあり、使いやすさもかなり良い辞書です。

ウィズダムはアマゾンで

 

excite辞書、goo辞書などWEB英和辞書比較

ウェブで調べる人のイラスト

インターネットで英語を訳したりするexcite辞書、goo辞書などWEB英和辞書が便利です。しかしたくさんあってどれが便利か迷ってしまいます。そこでここではWEB英和辞書サイトの比較をしてみました。

最近ではiPhoneやスマートフォン対応アプリで利用できる辞書もあり、まずます利用の幅が広がっています。ぜひ一度、あなたのお気に入りの辞書を探してみてはいかがでしょうか。

WEB辞書比較

英辞郎on the web

英辞郎のロゴ

英辞郎on the webの特徴は、ある匿名の翻訳家を中心とするメンバーが今も共同編集を続けている「成長する」辞書です。そのため、普通の辞書には収録されていない新しい語彙や言い回しなども収録しています。しかし、その正確性には疑問があるため、一般辞書と併用してただしい意味や用法を確認しながら使用するのがいいでしょう。アルクの公式サイトで使用可能です。

英辞郎on the webはこちら

 

excite辞書

エキサイト翻訳

excite辞書は解説が詳細で分かりやすいです。検索機能も充実していて単語の使用例などを調べる事も可能です。発音ファイルが用意されているものなら、発音を聞く事もできます。完全一致検索や後方一致検索も選択でき、複合語や熟語の意味を調べることも可能。研究社の新英和中辞典であるのが特徴ですので他社と併用して比べる使い方もできます。

excite辞書はこちら

 

goo 辞書

goo辞書

goo 辞書はNTTレゾナントが運営するサイトgooにおいて利用できる辞書検索サービスです。goo英和辞書は、小学館提供の『プログレッシブ英和中辞典 第4版』より11万7千項目を収録しています。こちらも、一部の単語では発音を確認する事ができます。検索方法も「~で始まる」「~で終わる」「見出しを含む」など選べ探しやすい。

goo 辞書はこちら

 

Infoseekマルチ辞書

infoseek

Infoseekマルチ辞書は楽天によって運営されているポータルサイトで提供されています。翻訳エンジンはクロスランゲージを使用しています。ウェブページを一括で翻訳することもできます。

Infoseekマルチ辞書はこちら

 

Yahoo!辞書

yahoo辞書

Yahoo!辞書はYahoo JAPANが運営する辞書検索サービスです。英和辞典も2種類の辞書と類語辞書を採用しており、調べたい情報を膨大な情報の中から検索することが可能です。

Yahoo!辞書はこちら

 

NAVER英語辞書

never英語辞書ロゴ

NAVER英語辞書はネイバージャパンが運勢する英語辞書サービスです。特徴としては 発音まで聞く事ができ、例文が豊富です。しかし、専門用語などはあまりのっていないので、基本単語の検索をしたいという方におすすめです。すっきりして見やすく、検索履歴も残るので、なかなか使いやすい辞書と言えるでしょう。

NAVER英語辞書はこちら

 

Weblio英和辞典

weblio英和辞典

Weblio英和辞典はウェブリオ株式会社が運営する辞書サービスです。こちらの辞書も、単語の意味を検索するだけでなく、調べた単語とその用例、発音についても参照する事が可能です、基本単語の意味だけでなく、専門用語の意味や訳にも対応しています。

Weblio英和辞典はこちら

 

翻訳サイト比較

ネットで調べる

翻訳サイトとは、インターネット上に機械翻訳エンジンを設置し、翻訳を行うサイトのことです。無料のものと有料のものがあります。最近ではたくさん出てきていますが、代表的なもので、無料のものには、エキサイト翻訳、ヤフー翻訳、Google翻訳などがあります。もう和訳する必要はないと思ってしまうかもしれませんが、翻訳サイトで翻訳された日本語は、機械的な翻訳で直訳になってしまうので100%頼ってしまうことはできません。しかし、結構な精度で翻訳してくれる便利なツールなのです。

エキサイト翻訳

exite翻訳

エキサイト翻訳は2000年のサービス開始から多くの人に支持されており、翻訳結果に定評があります。入力した文章を翻訳するテキスト翻訳、翻訳したいウェブのURLを直接入力して翻訳するウェブページ翻訳があります。また、日本語で作成したホームページやブログを英語で提供することができます。日本語を英語に翻訳し、表示するリンクのHTMLを作成することができます。さらに、みんなで翻訳のツールも追加され、機械的に翻訳された訳文を公開することで、ユーザー同士の人力でより自然な訳文に仕上げていくことが可能となりました。

ヤフー翻訳

yahoo翻訳

ヤフー翻訳も、テキスト翻訳(4000文字程度まで)とウェブページ翻訳ができます。翻訳検索では、Yahoo!検索と連動して、検索結果を翻訳することが出来きます。また、月額525円にて、クロスランゲージプレミアム翻訳を利用でき、無料では翻訳できない専門用語(コンピュータ、電気電子、機械工学、化学、医療医学、ビジネス、法律など多岐にわたる分野)をカバーできる専門語辞書を使った翻訳が可能になります。

Google翻訳

google翻訳

Google翻訳でもテキスト翻訳とウェブ翻訳が可能です。テキスト翻訳はリアルタイムで入力すると同時に訳が表示され、スピーカーのボタンを押せば、その文章を音声で読み上げてくれます。また、WEBサイト翻訳ツールのGoogleツールバーのマウスオーバー辞書を使えば、調べたい英単語にマウスを合わせるだけで、単語の意味が表示されます。

英語学習にはGoogle翻訳がおすすめ

上記のように翻訳サイトも色々な機能が追加され、進化してきました。特にGoogl翻訳サイトは英語学習に活用できるのではないでしょうか?

分からない英文を入力して、日本語に訳もできるし、英文を読みあげてくれるので発音もリスニングも同時に学習できます。英語をすんなりと理解できるようになるには、毎日英語に触れて慣れる必要があると言われています。毎日英語に触れる方法として、英字新聞を読むという学習方法も紹介されていますが、なかなか英字新聞を読むのは大変です。そこで、この翻訳サイトを利用すれば、抵抗なく英字新聞を読めるようになると思います。

興味のある記事をTimesなどの英字新聞からピックアップして、自分なりに一通り目を通して翻訳サイトで訳してみたり、音声を再生して真似して声に出して読んでみるのもよいでしょう。英会話を話せるようになるにはリスニングを鍛えることが一番ですので、音声を聞くことは非常に役に立つはずです。