英語、英会話勉強を長く続けるコツ

英語教材徹底比較おすすめランキングHOME>>英語、英会話勉強を長く続ける

英語、英会話勉強を長く続けるー楽な勉強は甘い罠?

英語学習イラスト

英語を学習する上で何よりも大切なのはもちろん、長く続けることです。単純なことですが、これが何よりも難しい。

いざやる気になっても、忙しい毎日を過ごしているうちに、決意を固めた事すら忘れてしまって、ふと振り返った 時に何もできていなかった自分にあきれる。そんな思いをしている方はとても多いのではないでしょうか。

実際、好きでも無い勉強を続けていくことは相当な意思の力がなくては難しいですよね。また、 中高生時代、せっかく毎日英語を学習する機会を与えられていたのに、なぜ勉強しなかったのか、もったいないと思ってしまう事もあります。

実際、世の中の学習教材には"楽しい勉強法"や"楽して英語マスター"などという言葉が多く見られます。”楽して”は勉強や技術を習得する際は"甘い罠"みたいな印象がありあまり歓迎されない風潮にあります。苦しんで辛い思いをしなければ勉強にはならないのも 決して間違いではありません。

しかし闇雲に勉強したけど、「こんな英語は誰も話してない、こんな単語使うのは大学受験の時だけ。ネイティブは使ってない」、「難しい単語を1000個覚えたけど1度も会話に出てこなかった。」なんてことは十分に起こり得ます。例えばビジネスマンが仕事で使う英語勉強に関してはそのビジネスジャンルの単語を100個覚えたら十分会話は成立するなんて事もあります。

英語は、言ってみればただの伝達手段である言葉です。小難しい文法や覚えるのが大変な難解単語であなたを苦しめるためにあるのではありません。話したり、書いたり、読んだりする事で言いたい事や思った事を伝える便利な道具なのです。

ここでは、効率よく目的を直接達成する事で、その喜びを覚え、勉強するモチベーションが持続するような勉強のコツを紹介します。

普段の生活の中に英語を取り入れる

勉強

学習を続けるためには、英語学習を日常生活の一部にしてしまえば良いのです。普段の歯磨きや入浴のように、自然に学習に取り組めるようになれるのが理想です。

例えば、朝通勤や通学の時間は英語の教材CDを聴く、とか映画は日本語オフで見るようにする、といったルールを定めてはどうでしょうか?はじめのうちは違和感があるかもしれませんが、慣れて来ると自然に聴いていたり、英語で映画をみたりできるようになるとモチベーションの維持になります。

また地味ですがトイレに覚えにくい単語を紙に書いて貼ったり、風呂場に濡れても大丈夫な単語集を置くなどもおすすめです。とにかく実生活の中でどこでも英語に触れる仕組みを自分で作るのがコツです。

自分に勉強させる仕組み作り

予約

人間は基本的には怠け者です。英語の勉強も必要性がない方はなかなか始めるのは難しいものです。そこで自分を動かす仕組みを作るのです。

それは自分にアポイント(予約)をいれてしまう事です。例えば簡単な事だと英会話スクールや専門学校などの学校に通ってしまう事も自分を予約するのには十分な効果があります。学費がもったいないと思う力が働くでしょうし、働いてる方で時間が作れない方は先に作ってしまえばいいのです。

それでも続かない方は個別指導など家に来てもらうとか、マンツーマン英会話のオンラインスクールを1ヶ月分先払いしてしまうなどが効果的です。自分で行かなくなるのなら来てもらうという作戦です。

もちろん学校や個別指導は学費が掛かります。しかし社会人、ビジネスパーソンならば英語をマスターできた場合のバックを考えたら自己投資と考えて割り切ります。

他に自身を動かす仕組みとしては「他の人に宣言してしまう」という事です。同僚なり後輩なりに「TOEIC~点取る」「~まで英会話をマスターする」「~の専門用語100個覚える」などなるべく具体的な目標を宣言して下さい。達成できなかったら恥ずかしい位言いまわったら自分を動かす仕組みになります。

TOEICなどを受けてみる

テスト

目標を持ちそれを達成できるということは、学習のモチベーションをあげるために最も必要なことです。何もないとなかなか机に向かうのは大変です。

TOEICやネットで利用できる英語力診断テストを利用して、自分の実力を定期的にはかっていきましょう。テストを目標にすると勉強の計画も立てられますし、モチベーションの維持につながります。またスコアが出る事で自分の実力を知り、さらに 学習の指針をたてる事ができます。

有料の教材を最後までやりきる

インターネットイラスト

インターネットによって勉強のスタイルは大きく変わってきています。 ネットがあればこうして勉強法の情報などは無料ですし、翻訳サイト で無料で日本語を英語にしたりできます。このサイトでも無料でできる英語勉強法をたくさん紹介していきます。

しかし本気で上のレベルに行きたい方には有料の英語教材をお勧めしてます。 それは「無料だとやらなくなるから」です。 身銭を切って勉強したほうが、元を取ろうという心理も働きますし、自分の中の英語の優先順位も上がります。

英語を挫折しがちな人の一番の理由は「緊急度の低さ」です。来月から急にアメリカ勤務が決まってしまった人は、多分1ヶ月 は必死で英語の勉強ができるのは想像できます。しかしやらなくても、何にも起こらないという状態ではなかなか 人間本気になるのは難しいものです。

英語を覚えたら沢山のメリットがある事は、 わかってるのに最初一歩を踏み込めない。その気持ちはわかります。

そんな時は教材やスクール費用は「何倍にもなって返ってくる自己投資」と 考えましょう。

e-ラーニングなどi-Podに入れて聞くだけのリスニング 教材もものすごい数がでてますし、無料ビデオ通話「スカイプ」を 利用した1レッスン100円台の英会話スクールも人気です。 でもありすぎて何をすればいいのかわからないという悩みもあります。 当サイトでは市販されてる英語教材の比較も目的別、レベル別に わかりやすく徹底的に比較しています。

ベストは習慣化して毎日やる

辛い勉強

自分を動かす仕組みとして最強は毎日英語の勉強をする事を習慣化してしまう事です。どんなに短い時間でもいいから毎日英語の勉強をするのです。始めはたいへんですが10分でも1分でも3週間位続けられたら成功です。やらない日が気持ち悪い位になるはずです。

「朝起きたら必ず10個単語を覚えてから出勤する。」「寝る前に~を必ずやる」など時間と量を決めてしまうのがコツです。またスケジュールによって急な予定が入ったりしない朝がおすすめです。

また机についてもなかなかエンジンが掛からない方は、前の日の勉強の止め方を工夫します。勉強を辞める時はキリのいい所でやめない事です。慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、少し残してやめるか、次の単元を少しやってしまうのです。そうする事で次の日のスタートが楽に切れます。勉強は机に付く習慣ができても、毎日やる事を考えてからのスタートではエンジンがかかるまでが大変です。Todoリストの作成だけでその日の勉強が終わりになるなんて事はよくある事です。

「そこまでやらないと勉強ってできない?」と思われる方も多いかと思います。しかし勉強を始めたいのに自分を動かす仕組みすらやれてない方がほとんどなのではないでしょうか?繰り返しになりますが人間は基本ナマケモノなのです。しかしそれすら工夫して打破する事ができるのが人間なのです。

英語の勉強に挫折しないコツ

英会話

英語ができたらいいなあと何年も思っていても、途中で挫折してしまう人は世の中に大勢いることでしょう。どうすれば投げ出さずに続けられるのでしょう?

思えば中学・高校の教科書ってやはり堅苦しくてつまんなかったですよね。受験もあるからしょうがないとはいえ…。

なかなかきっかけがつかめなくて始められない、という方も多いと思います。そこで、ここでは、やり直し英語のきっかけ作りをいくつか紹介しましょう。

海外テレビドラマ丸暗記で楽しく続ける

海外ドラマ

テレビの放送やレンタルDVDで海外ドラマや映画を大量に見て聴くのがおすすめの方法の一つです。エンターテイメントなので、当然ですが教科書よりずっと楽しいです。いきなり自信がない人は、小中学生向けドラマだとそれほど難しくないですよ。 1話30分ぐらいの、笑い声が入ってるコメディありますね。あれはおすすめです。

学校の教科書と違ってオチがあるので「勉強している感」がなく楽しく続けられます。 慣れてきたら大人向けドラマのコメディも見てみましょう。 テレビで吹替で見る場合は録画し、1回目は日本語で全編通して見ます。そうしてストーリーを把握した上でもう1回、今度は英語音声にして見てみます。話が分かっているので聞き取りが楽になります。 もちろん字幕版でもOKです。

映画のDVDを買うか借りた場合、字幕を選択できますが、「普通の日本語字幕」と「英語で喋っている音声を英語字幕で表示したやつ」とありますよね。後者はネイティブの聴覚障害者用だと思いますが、せっかくなのでこれも利用しましょう。

ドラマ・映画以外では趣味系の海外番組を見るのもいいでしょう。料理、物を作る系、何でもいいです。誰でも自分の好きなジャンルなら、理解が早いし知っている単語も多いものです。

スマフォでも見れる「日本のアニメ英語版」

スマフォで学習

「日本のアニメの英語版」も、吹替版、字幕版ともにいい教材です。 今は数多くの有名作品が女性向けも男性向けも輸出されています。 「これ昔見てたよ、懐かしい!」と楽しみながらストレスなく続けられるのでは? こちらも話を知っているので理解が早いし、教科書っぽくない英語の宝庫です。 「あ、そういう風に言えばいいのか」と勉強になります。 最近は日本のドラマや映画も輸出が増えてきています。

いずれにしても、最初から100%理解しようと意気込む必要はありません。 肩の力を抜いて毎週同じドラマを見ていたりするといつの間にか教科書に載ってない今時の表現を毎回2、3個覚えていたり、しだいにセリフを聞き取れる率が増えてきます。

季節の変わり目に英語勉強を始める

入学式

例えば4月。学校では新学期が始まり、会社では新しい年度になりますね。誰もが次の1年を意識し、新しい事に取り組む意欲もいつも以上に高まっている事でしょう。NHKの語学講座なども4月には新しい番組が更新され、また書店では参考書などのウェアがあります。この時期には、新しい事に挑戦しよう、という雰囲気が社会全体に溢れていて、この機会を利用するのもいいでしょう。

人生の節目

成人式

人生の節目、就職・結婚・転職など人生の新しい出来事があると、人は変わりたいという思いを胸に新しいスタートを切ろうとするでしょう。こう言う時も、今まで胸に秘めて来た思いを遂げる良い瞬間なのではないでしょうか。 ここまでは始める時期の話でしたが、次からが、もっと具体的な始め方について紹介していきます。

集中して勉強できる時間を確保する。

時間確保

時間がないというのは、現代人にとって誰にも言える事。しかし、どれだけ忙しい人にだって、テレビを見ていたり、ぼーっとしていたり、無駄話をしていたりと、意外ともったいない時間の使い方をしているものです。3.で紹介した5分,10分、30秒の時間、一日の中に必ず見つけ出せるはずです。時間がない事を言い訳に学習から逃げる、その気持ちはやは努力していくことがり切実なものですが、心を鬼にして、苦しくとも努力を続けていくことは確実に英語力の向上につながっていくでしょう